登録農薬検索コーナー

2019年10月15日更新(2019年10月09日登録反映分)


もどる

RACコードとは

● 世界の農薬業界の上部団体である「世界農薬工業連盟」(日本の農薬工業会も所属)には、3つの抵抗性管理委員会(Resistance Action Committee=RAC)があります。
● 3つの委員会は、殺虫剤(Insecticide)では「IRAC」、殺菌剤(Fungicide)では「FRAC」、除草剤(Herbicide)では「HRAC」といいます。
● それぞれの委員会では、作用点や作用機構から、農薬の有効成分を分類した「RACコード」の利用を提唱しています。
● 農薬による耐性・抵抗性は、同一農薬、同一系統の薬剤の連用がその発生要因であると考えられているからです。
● RACコードが同一であれば、有効成分が異なっていても同一系統の薬剤なので、連用は避けなくてはなりません。

この電子図書館では、農薬の系統を次のように記載しています。




殺虫剤のIRACコードの参照(PDF:3ページ)

殺菌剤のFRACコード表の参照(PDF:3ページ)

除草剤のHRACコード表の参照(PDF:2ページ)

なお、最新の分類表は農薬工業会のサイト「農薬の作用機構分類」に掲載されています。