『現代農業』取材ビデオ

カッターナイフで夏の剥ぎ接ぎ カンキツ 接ぎ木の裏ワザ!?

  

カッターナイフで夏の剥ぎ接ぎ

再生時間
5:09
ポイント数
0ポイント

和歌山県のカンキツ農家・長谷光浩さんは、農繁期の春を避けて6~7月に接ぎ木をしています。接ぎ木適期とされる3~4月でなくても、ほぼ100%活着するというやり方「剥ぎ接ぎ」を見せてもらいました。カッターナイフの使い方にも注目です。