記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第1巻 基+246の74〜基+246の81(ページ数:8)

イネ(基本編・基礎編)>基礎編>イネの生理作用>V 葉の機能と生理

栽培条件と光合成‐その多様性と統一的理解

開始ページ: 基+246の74

執筆者: 津野幸人

執筆者所属: 鳥取大学

備 考: 執筆年 1988年

記事ID: s0101290



見出し

  (1) 乾物生産量の巨視的規制要因−N吸収量の意義 ・・・〔1〕
  (2) 葉面積指数と個体内条件 ・・・〔3〕
  (3) 根の機能と光合成 ・・・〔4〕
  (4) 弱光条件に対する光合成能力の調節機構 ・・・〔6〕

キャプション

第1図 群落状態から孤立状態にしたときの乾物重増加率の推移
第2図 収穫時におけるN含量との地上部乾物重の関係
第1表 稲わら(成熟期)の三要素含量(乾物%)
第3図 乾物重,N吸収量および地上部N濃度の変異係数の生育時期にともなう変化
第4図 各葉層における葉身N%の時期的推移
   キーワード:ホウヨク
第2表 穂の除去が群落光合成に及ぼす影響
   キーワード:愛知旭\ホウヨク
第3表 穂遮光による登熟歩合の低下
第5図 根の呼吸速度と気孔開度の午後/午前比との関係(穂ばらみ期〜黄熟期)
第6図 登熟中期における個体光合成速度と根部の全糖含有率との関係
第7図 登熟期間における根の平均呼吸速度と出穂後40日の葉面積との関係
   キーワード:南京11号\水原258号\アケノホシ\ヤマビコ
第8図 弱光条件に対する光合成能力の調節機構
第9図 根の呼吸速度と処理期間内における乾物生産量当たりN吸収量との関係
   キーワード:日本晴\アキヒカリ\コシヒカリ