記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第1巻 基+227〜基+228(ページ数:2)

イネ(基本編・基礎編)>基礎編>イネの生理作用>II 苗の生育と生理反応

育苗条件と生育相・生理反応 (2)床土量,施肥法などと苗質‐育苗に影響を及ぼす複合的要因

開始ページ: 基+227

執筆者: 長谷川和久

執筆者所属: 石川県農業短期大学

備 考: 執筆年 1988年

記事ID: s0101080



見出し

   (1)苗質を左右する要因 ・・・〔1〕
    土壌の質と量
    肥料の種類と量
    播種量
    芽出し法
    育苗期間
    潅水量の多少
   (2)健苗育成の留意点
    床土量は多めに
    窒素施肥量を抑える
    100g前後のうすまき
    芽出しは低温で
    育苗期間は長く
    潅水量を控えめに ・・・〔2〕

キャプション

第1図 移植期の稚苗
第2図 移植後,本田で立枯れが多い苗となる
第3図 移植期の稚苗
第4図 うすまき健苗の例
第1表 現場における機械移植苗の性状