記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第1巻 本+25〜本+30(ページ数:6)

イネ(基本編・基礎編)>基本編>日本の稲作>日本型稲作の成立

II 日本型稲作の出現

開始ページ: 本+25

執筆者: 江島一浩

執筆者所属: 筑波大学

備 考: 執筆年 1975年

記事ID: s0100450



見出し

 1.伝統的日本型稲作の成立 ・・・〔1〕
  (1) 伝統的日本型稲作の特徴
  (2) 日本型稲作の定着 ・・・〔2〕
 2.日本型稲作の成立と生産手段
  (1) 鉄製農具の普及
  (2) 日本型稲作と品種 ・・・〔4〕
 3.日本型稲作成立の社会的背景 ・・・〔5〕
  (1) 古代官僚国家の成立
  (2) 収奪手段としての身分制とコメ
  (3) むすび ・・・〔6〕

キャプション

第13図 木製農具(滋賀県大中湖南遺跡出土,約2000年前,弥生時代)踏鍬,田下駄と大足(水田作業用),鍬,叉鍬
第14図 鉄製農具(古墳時代〜奈良時代)