記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第1巻 本+19〜本+25(ページ数:7)

イネ(基本編・基礎編)>基本編>日本の稲作>日本型稲作の成立

I 伝来と北進

開始ページ: 本+19

執筆者: 江島一浩

執筆者所属: 筑波大学

備 考: 執筆年 1975年

記事ID: s0100440



見出し

 1.稲伝来の諸説 ・・・〔1〕
  (1) 北方伝来説
  (2) 南方伝来説
  (3) 中央伝来説 ・・・〔2〕
  (4) 在来自生説
 2.コメの東漸と北進 ・・・〔3〕
  (1) コメの東漸
  (2) コメの北進
 3.コメ作地域の拡大と潅漑方式の発展 ・・・〔5〕
  (1) コメ伝来当時
  (2) 弥生文化時代
  (3) 古墳時代〜荘園時代 ・・・〔6〕
  (4) 戦国時代
  (5) 徳川時代
  (6) 古島説と柳田説の異同
  (7) 稲作の東漸・北進の推進主体

キャプション

第9図 縄文〜弥生時代の石器
第9図 弥生時代の銅鐸に描かれた脱穀作業
第10図 弥生土器に残された籾跡(宮城県出土)
第11図 北海道での水稲栽培の北進(大沼)
   キーワード:白髪\赤毛\坊主\坊主6号\老坊主\農林11号\農林15号\農林19号
第12図 1700年前の古墳(条理制の跡)