記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第1巻 本+240の24〜本+240の31(ページ数:8)

イネ(基本編・基礎編)>基本編>世界の稲作

水資源の節約と多収穫を両立する技術エアロビック・ライス法

開始ページ: 本+240の24

執筆者: 加藤洋一郎

執筆者所属: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構

備 考: 執筆年 2012年

記事ID: s341003z



見出し

 1.深刻化する農業用水の不足 ・・・〔1〕
 2.エアロビック・ライス法とは
  (1) 節水栽培の2つの技術
  (2) 畑灌稲作との違い ・・・〔2〕
  (3) 解決すべき課題 ・・・〔3〕
 3.節水下での高収量とその要因
 4.多収穫栽培のポイント ・・・〔4〕
  (1) 健全な苗の確保
  (2) 遺伝子型と栽培管理の交互作用
 5.土壌乾燥下での根系生長の重要性 ・・・〔5〕
 6.品種改良の目標とその事例

キャプション

第1図 エアロビック・ライス法でのイネの生育
第1表 エアロビック・ライス法と慣行水田でのイネの収量(面積当たり収穫量,単位:g/m2)
第2表 エアロビック・ライス法と慣行水田でのイネの水生産性(水資源投入量当たり収穫量,単位:kg/m3)
第2図 エアロビック・ライス法での,播種方法の違いが収量に及ぼす影響
   キーワード:条播\点播
第3図 エアロビック・ライス法と慣行水田での根の生長の推移(平均値±標準誤差,2009年)
第4図 エアロビック・ライス法での異なる水準の灌漑がIR64とイネ染色体断片挿入系統(YTH183)の収量および収穫指数に及ぼす影響