記事の概要

テキストを見る


戻る
記事IDT120310z
作品種別食品加工総覧
第3巻
巻名加工共通技術
記事タイトル[食品加工に生かす健康情報] マンガン:植物のマンガン不足は油脂品質を悪化―コレステロール低下は寿命を縮める
サブタイトル食品成分と健康>ミネラルの働きとヒトの健康
2015年
開始ページ508-172
執筆者渡辺和彦
執筆者所属兵庫県立農林水産技術総合センター・農業大学校
地域1
地域2
現地域
地域コード
見出し    ●脂肪酸など油脂成分とマンガン
    ●コレステロールの高い人のほうがガンや脳卒中になりにくく長寿
    ●コレステロール値の低下は死亡率を高める
    ●植物油脂の摂取増は危険である
    ●「うつ」にはリノール酸摂取を減らし,α-リノレン酸をとろう
    ●マンガン―α-リノレン酸,エゴマ
キャプション図1 ダイズ葉中マンガン濃度と収量,脂質品質との相関
図2 窒素,マンガン施肥のカノーラの収量,油脂含有率への影響
図3 各種脂肪酸の構造
表1 おもな食用油の脂肪酸組成(100g当たり)
図4 脂肪酸の人体内での代謝経路と作用
図5 血清総コレステロール値と総死亡率の関係−メタ分析
図6 食用油の種類と脳卒中ラットの寿命
図7 マーガリンよりバターが安全
図8 リノール酸摂取量に対するαーリノレン酸0.5g/日増加効果(多変量解析結果)
表2 各種脂
素材共通編
加工品執筆年 2015
ページ数(ポイント数)7