『農業技術大系』作物編 第6巻 基+105~基+115(ページ数:11)

ダイズ>基礎編>ダイズの品種生態と選択>主要品種の特性

トヨハルカ―低温に強く,コンバイン収穫と味噌加工に適した品種

開始ページ: 基+105

執筆者: 田中義則

執筆者所属: 地方独立行政法人北海道立総合研究機構中央農業試験場

備 考: 執筆年 2017年

記事ID: s396001z

見出し

  (1) 育成の背景とねらい ・・・〔1〕
  (2) 育成経過
  (3) 特性の概要 ・・・〔2〕
   (1)形態的特性
   (2)生態的特性 ・・・〔3〕
   (3)収量性
   (4)障害抵抗性 ・・・〔4〕
    低温抵抗性
    低温着色抵抗性
    ダイズシストセンチュウ抵抗性 ・・・〔5〕
   (5)コンバイン収穫適性 ・・・〔6〕
    裂莢の難易
    密植栽培における最下着莢節位高および倒伏程度
    成熟後の茎水分低下の推移
    コンバイン収穫試験
   (6)品質特性および加工適性
    子実成分
    煮豆,豆腐,味噌,納豆の試作試験
  (4) 栽培適地と栽培上の注意 ・・・〔7〕
   (1)栽培適地
   (2)栽培上の注意
  (5) トヨハルカ育成の意義と今後の展望
   (1)北海道における品種の変遷
   (2)低温抵抗性 ・・・〔8〕
   (3)コンバイン収穫適性 ・・・〔10〕
   (4)品質および加工適性

キャプション

第1図 トヨハルカの系譜
第1表 トヨハルカの形態的特性
第2表 トヨハルカの生態的特性
第3表 トヨハルカの生産力検定試験成績(2002~2004年)
第2図 トヨハルカの草姿
第4表 トヨハルカの密植栽培の試験成績(2003~2004年)
第5表 トヨハルカの開花期低温抵抗性(2002~2004年)
第6表 トヨハルカの冷涼地における生育期低温抵抗性(2002~2003年)
第7表 低温処理によるトヨハルカの着色検定試験(2002~2004年)
第3図 低温処理による着色検定後の子実
第8表 トヨハルカのダイズシストセンチュウ抵抗性(2002年)
第9表 ダイズシストセンチュウ・レース3優先圃場における生産力検定試験(2004年)
第10表 トヨハルカの裂莢性(2002~2004年)
第4図 成熟期以降の茎水分低下推移(2004年)
第11表 コンバイン収穫試験の成績(2003年)
第12表 トヨハルカの子実成分(2002~2004年)
第13表 試作試験による加工適性の総合評価(2001~2003年)
第14表 トヨハルカの栽培適地における奨励品種決定現地試験等の成績(2002~2004年)
第5図 栽培適地における生育期間の積算気温と子実重の関係
第6図 栽培適地における倒伏程度と最下着莢位置(2002~2004年)

トップへ戻る