記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2017年11月号 174ページ〜179ページ(ページ数:6)

タイトル

棚田のてっぺんにいたトマト名人(2)

秋にL玉率50%にする夏の管理

裂果覚悟の積極かん水

執筆者・取材対象: 編集部・大石貢

地 域: 愛媛県西予市



サンプル画像


見出し

●昼も夜も暑い夏だった●循環扇で暑さ対策 着果不良はわき芽使いで取り戻す●「生割れ」で2tを廃棄●夜温が高いと樹勢が弱る●裂果覚悟で積極かん水●途中から2本仕立てに 摘心の時期をズラして裂果を防ぐ●夏働けば秋に稼げる 9月後半以降はL玉率50%