記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2017年11月号 133ページ〜137ページ(ページ数:5)

タイトル

草を抑える秋のワラ処理

秋からのイナワラ分解促進が成功への近道

イネ有機栽培の草対策

執筆者・取材対象: 三木孝昭



サンプル画像


見出し

●有機栽培で雑草対策が不安定な理由は?●田植えまでに分解が進むと雑草が減る●分解の進んだイナワラはイネの発根を促す●イナワラの分解を進める条件◎(1)温度と期間◎(2)土壌水分 ●秋処理の注意点