記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1988年3月号 76ページ〜79ページ(ページ数:4)

特集:水田増収時代がやってきた 減反転作にどう対処するか

タイトル

転作としてのエサ米(1)

水田をつぶさない転作としてのエサ米つくり

ある酪農家の実践報告

執筆者・取材対象: 高橋良蔵

地 域: 秋田県羽後町



見出し

●水田に家畜のエサ米を栽培したらどうか◎54年からエサ米つくり自給生産の有利性を確認●昨年、減反大幅増のなかエサ米が転作と認められる●自給利用でも転作としてのエサ米栽培が可能になる●私たちのエサ米導入と利用計画◎麹化利用により牛の食欲、健康が向上