記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年12月号 184ページ〜189ページ(ページ数:6)

タイトル

たどりついた! ミカンの双幹形(1)

植物ホルモンから見えたミカンの樹形

執筆者・取材対象: 只隈智国

地 域: 福岡県みやま市



サンプル画像


見出し

●作業の意味がわからない……●主枝で樹勢維持、亜主枝で果実生産●枝ごとに役割を与える◎それぞれのホルモンの働き◎主枝を立ててジベレリン出力を高める◎細い亜主枝にはエチレンが多い●役割とホルモンの流れで生理が見えた●樹形とホルモンのイメージ