記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2014年11月号 334ページ〜337ページ(ページ数:4)

タイトル

農政改革1年目の秋、集落営農のビジョンをきく

専業農家も兼業農家もいる多様性が大事

執筆者・取材対象: 林浩陽

地 域: 石川県野々市市



サンプル画像


見出し

●「補助金は危ないお金」という認識●農地集積は担い手の気持ちが問題●「日本型直接支払制度」には集落で参加を検討中●専業農家にゆだねるだけでは危険