記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2018年8月号 320ページ〜325ページ(ページ数:6)

タイトル

新規就農者の経営実態を追う(上)

「親元就農」の新しい形

執筆者・取材対象: 堀口健治村山周平中瀬健二相原美穂

地 域: 新潟県津南町熊本県大津町宮城県仙台市



サンプル画像


見出し

●親元就農でも新規部門を立ち上げる若者が多い●稲作専業の親元で野菜部門を立ち上げた◎機械化できる秋ニンジンを拡大中◎野菜作で年間雇用して稲作を拡大したい●ニンニク・干しイモで新規独立経営◎糖度40%以上のブランドイモ◎新たにニンニク栽培に取り組む●自分の水田で栽培した米で日本酒を造る◎ササニシキだけで造った日本酒◎親の経営から独立するメリット