記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1998年11月号 302ページ〜307ページ(ページ数:6)

タイトル

ET(受精卵移植)で経営にゆとり、地域に元気が生まれる

和牛ETで酪農と和牛繁殖の柔軟経営

和牛ETで酪農と和牛繁殖の柔軟経営

執筆者・取材対象: 編集部・田代敏尋田代和子

地 域: 熊本県大津町



見出し

●酪農家なのに、話すことは和牛のことばかり●酪農のふん尿処理は肥育牛の5倍のコスト!●ETは面白い!和牛の初出荷で確信●ETの2つの課題●乳牛は乳頭が4つあればいい●ETが失敗しても、柔軟に対応できる