記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1988年5月号 310ページ〜311ページ(ページ数:2)

タイトル

果樹品種づくり秘話 倉方早生モモ、倉方柿

執筆者・取材対象: 倉方英蔵

地 域: 東京都世田谷区



見出し

●倉方早生モモ発表までの波らん万丈の10数年◎朝鮮で農場を求め育種、缶詰生産に取り組む◎トラックの運転手をしながら倉方早生モモを育生●「空前の糖度」を期待し昨年、倉方柿を発表◎粘質土壌だと生育速度が速い、そんな地で選抜の経験を積む◎糖度30度が期待できる早生ガキ