記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2008年12月号 216ページ〜219ページ(ページ数:4)

タイトル

害獣を特産に! イノシシで町が動きだした(2)

夏場の肉が臭くない秘密は「運送箱」

執筆者・取材対象: 安田亮

地 域: 島根県美郷町



サンプル画像


見出し

●夏場のイノシシは臭くてまずい?●気温の高い捕獲現場で屠殺するから、臭くなる●イノシシを生きたまま処理場まで運ぶ「運搬箱」●「今まで食べたイノシシとまったく違う」●超高齢の町に生産者組合ができた意味とは