記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第2-2巻 技+488の51の38〜技+488の51の46(ページ数:9)

イネ=基本技術(2)>本技術編>各種の技術体系>飼料イネの栽培

麦立毛間水稲直播技術による飼料用イネ―ムギ栽培体系

開始ページ: 技+488の51の38

執筆者: 川原田直也

執筆者所属: 三重県農業研究所

備 考: 執筆年 2017年

記事ID: s392201z



見出し

  (1) 技術開発のねらいとポイント ・・・〔1〕
  (2) 圃場の選定と準備
  (3) 飼料用ムギ播種
   (1)機械・作業方法
   (2)播種時期と播種・施肥量 ・・・〔2〕
  (4) 麦踏み
   (1)機械・作業方法
   (2)作業時期および作業のポイント
  (5) 飼料用ムギの追肥時期および施肥量 ・・・〔3〕
  (6) 飼料用イネ播種
   (1)機械・作業方法
   (2)圃場条件
   (3)播種時期
   (4)播種・施肥量 ・・・〔4〕
  (7) 飼料用ムギ収穫 ・・・〔5〕
  (8) 選択性茎葉処理剤および初中期一発剤の散布
  (9) 水管理 ・・・〔6〕
  (10) 飼料用イネ収穫
  (11) 慣行移植体系との比較
   (1)耕種概要
    共通の条件
    麦立毛間体系の条件 ・・・〔7〕
    慣行移植体系の条件
   (2)作業時間
   (3)燃料消費量 ・・・〔8〕
   (4)全刈乾物収量
   (5)経済性の評価

キャプション

第1図 飼料用ムギ播種に用いる小明渠浅耕播種機
第2図 滑面ローラによる麦踏み作業
第3図 麦踏み回数が飼料用イネおよび飼料用ムギの乾物収量と飼料用イネ苗立ち数に及ぼす影響
第4図 不耕起V溝直播機に装着したガイド輪
第5図 飼料用イネ播種時期が飼料用イネおよび飼料用ムギ乾物収量と飼料用イネ苗立ち数に及ぼす影響(2011〜2012年)
第6図 飼料用イネ播種時期が飼料用イネおよび飼料用ムギ乾物収量と飼料用イネ苗立ち数に及ぼす影響(2013〜2014年)
第7図 飼料用ムギ立毛間への飼料用イネ播種作業
第8図 麦立毛下での飼料用イネの苗立ち
第9図 入水後の飼料用イネの状況
第10図 麦立毛間体系と慣行移植体系
第1表 体系別の作業時間および燃料消費量(2013〜2014年)
第11図 作業体系別の飼料用イネおよび飼料用ムギ全刈乾物収量
第2表 麦立毛間体系と慣行移植体系における経済性の評価(10a当たり)