記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第2-1巻 技+164の7の2〜技+164の7の9(ページ数:8)

イネ=基本技術(1)>基本技術編>栽培の基本技術/イネの生育と技術>I 育苗期

水稲種籾の温湯消毒法

開始ページ: 技+164の7の2

執筆者: 岡部繭子

執筆者所属: 信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター

備 考: 執筆年 2014年

記事ID: s362101z



見出し

  (1) 微生物農薬による種子消毒と温湯消毒 ・・・〔1〕
  (2) 温湯消毒方法の変遷
  (3) 現在の作業手順 ・・・〔2〕
  (4) 処理条件と病害の防除効果
   (1)ばか苗病
   (2)苗いもち病
   (3)苗立枯細菌病
   (4)籾枯細菌病
   (5)褐条病 ・・・〔3〕
  (5) 処理条件と発芽の関係
  (6) 発芽抑制を起こす種子の条件 ・・・〔4〕
  (7) 消毒装置の開発と技術の普及状況
  (8) 新たな技術開発 ・・・〔5〕
   (1)高温耐性の付与
   (2)蒸気処理 ・・・〔6〕
   (3)消毒後の種子管理 ・・・〔7〕

キャプション

第1図 新潟県内の有機JAS認証取得農家が利用している種子消毒法(2005年調査)
第1表 各品種における60℃・10分処理時の発芽率
第2図 小型の温湯消毒装置
第3図 全自動タイプの大型温湯消毒装置
第2表 2007年の温湯消毒推定実施面積および推定普及率