記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2021年4月号 44ページ〜51ページ(ページ数:8)

特集:農家の教養!? こっそり読もう 育苗&接ぎ木のワザ

タイトル

発芽・育苗「水やり3年」のワザ

かん水と播種 どっちを先にする?

執筆者・取材対象: 編集部・青木恒男佐藤民夫北村優治

地 域: 三重県松阪市宮城県村田町北海道新篠津村



サンプル画像


見出し

●かん水が先 ペランペランのタネは小さなセルで過湿を防ぐ●播種が先 コロコロ培土を混ぜて水はけを高める●かん水が先 根出しのタネを温か培土にまいて一斉発芽●種苗会社では… 過湿になると、酸欠も細胞破壊も起こります◎根が動き出すタイミングが大切◎未熟児を保育器に入れるように●編集部でもやってみた トウモロコシの発芽実験