記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1993年6月号 94ページ〜98ページ(ページ数:5)

タイトル

地域の防除暦も参考に、わが家流防除暦づくり―コスト、手間を減らして効果を上げる

手間とコストを考えて本田防除はこの粒剤に決めた

埼玉県熊谷市 大島一一さん

執筆者・取材対象: 編集部大島一一

地 域: 埼玉県熊谷市



見出し

●適期より田植えが遅れる苗には老化防止剤を●田植えは遅いほうが農薬代が安あがり●除草剤は一発剤を連用しないで使う●本田ではパダンを手散布するだけ●アゼ際は二重に散布●捕虫網を振り回して圃場を観察