記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1989年12月号 230ページ〜235ページ(ページ数:6)

タイトル

米の食味をどうあげるか

穂揃い期の実肥なら倒さず、揃った登熟で食味が上る

執筆者・取材対象: 編集部佐竹政一

地 域: 山形県高畠町



見出し

◎食味は何で決まるか◎良食味と多収を両立させる方法○玄米チッソ含量1.3%を超えない範囲で多収をめざす○深追、実肥でも1.3%以内なら食味はわるくならない○登熱のよいイネで大きく充実した米粒を揃える◎老化を防ぐ実肥が登熟をよくする○高温と少肥で老化が進む○倒伏防止効果が収量、食味をよくする○コシもこまちも実肥で老化防止○生育のちがいが効果のちがい●健康なイネだから良食味と多収を両立できる○見かけ以上にとれる健康なイネを目標にする○出穂40日前に目標茎数の5〜6割をめざす○ゆとりが生み出す登熱力