記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第3巻 宮崎・原田+1〜宮崎・原田+9(ページ数:9)

イネ=精農家の技術>本田編>作期と技術体系

〈コシヒカリ〉稚苗(2.2葉)坪74株,6〜7本植え 早期栽培,生育促進で登熟向上 宮崎県西都市 原田次男 (55歳)

開始ページ: 宮崎・原田+1

執筆者: 林田多賀夫

執筆者所属: 元宮崎県専門技術員

備 考: 執筆年 1983年

記事ID: s0300900



見出し

〈地域の概況と課題〉 ・・・〔1〕
 1.地域の概況
 2.地域の技術課題
〈原田さんのイネつくり〉 ・・・〔2〕
 1.経営と稲作
 2.生育段階のとらえ方と技術の骨組み
〈イネの生育と技術〉 ・・・〔4〕
 1.本田の準備
 2.耕起,代かき,元肥施肥
 3.苗づくり
 4.田植え〜分げつ期 ・・・〔5〕
   (1)栽植密度をそろえ,浅植えにする
   (2)水管理
 5.有効茎確保〜出穂期
   (1)中干しと間断潅水
   (2)病害虫防除 ・・・〔6〕
   (3)穂肥
 6.出穂期〜成熟期
   (1)防除
   (2)実肥−穂揃期追肥
   (3)落水
   (4)収穫
 7.58年のイネの生育状況と問題点 ・・・〔7〕
〈おわりに〉 ・・・〔9〕

キャプション

経営の概要
第1表 イネの生育のとらえ方と技術の骨組み
   キーワード:ソルゴー\穂首いもち\枝梗いもち\カメムシ\珪カル
第2表 収量構成要素
   キーワード:コシヒカリ
第3表 施肥設計
第4表 作業暦
   キーワード:メチルブロマイド\有孔ポリ\シルバーポリ\タチガレン\珪カル\熔燐\整地板\B・B\エックスゴーニ粒剤\4条植え田植機\フジワン粒剤\マメットSM粒剤\バッサ\マラソン乳剤\葉いもち\ウンカ類\ビーム粉剤\ネオアソジン液剤\葉いもち\紋枯病\フジワン粒剤\九重6号\カスラブサイド乳剤\ヒノザン\ヒノバイジット\尿素
第1図 分げつ最盛期
第2図 生育経過と技術のしくみ
   キーワード:茎数(本/株)\草丈\葉数\施肥暦\水管理
第5表 分げつ最盛期におけるイネ株分解調査
第3図 分げつ最盛期(5月13日)の姿。1株分解
第4図 幼穂伸長期の姿(幼穂長10mm)。1株分解
第5図 出穂期における1株の個体
第6表 幼穂形成期経過後のイネ株分解調査(6月10日)
第7表 1株籾数の分布状況