記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第3巻 宮城・横江+1〜宮城・横江+8(ページ数:8)

イネ=精農家の技術>育苗編>折衷式育苗

〈折衷式・中苗〉トンネル育苗・無加温 箱当たり100〜120g播き,3.5〜4.5葉 宮城県古川市 横江得朗 (56歳)

開始ページ: 宮城・横江+1

執筆者: 三浦正勝

執筆者所属: 宮城県農業普及課

備 考: 執筆年 1983年

記事ID: s0300530



見出し

〈地域の技術課題〉 ・・・〔1〕
 1.育苗様式
 2.育苗での技術課題
   (1)ササニシキ一本化と育苗様式
   (2)播種日と田植え日の調整
   (3)播種量と苗質 ・・・〔2〕
   (4)育苗管理の省略化
   (5)苗の諸障害の発生
   (6)育苗用床土の問題
〈横江さんの苗つくり〉
 1.この様式を選んだ理由
   (1)経営面の利点 ・・・〔3〕
   (2)中苗の技術的な利点
 2.苗の育て方と技術のポイント ・・・〔4〕
   (1)採土
   (2)種籾の準備
   (3)床土の準備
   (4)箱の準備と土入れ ・・・〔5〕
   (5)苗代の準備
   (6)防風対策
   (7)播種
   (8)苗代への設置
   (9)換気開始(1.5葉時) ・・・〔6〕
   (10)2〜3葉時の管理
   (11)3葉期以降の管理 ・・・〔7〕
   (12)田植えの準備
〈各種障害とその対策〉 ・・・〔8〕
   (1)発芽不良と不揃い
   (2)高温障害
   (3)ムレ苗,立枯病の発生
   (4)雑菌の発生による苗の障害
   (5)凍霜害
   (6)その他

キャプション

経営の概要
第1図 箱底の穴数と根の張りかた
第1表 育苗作業暦
   キーワード:ベンレートT水和剤\ニュージャンボ有孔ポリ\タチガレン
第2図 育苗箱を並べた平面図
第3図 育苗箱をトンネル内に設置した状態
   キーワード:ニュージャンボ有孔ポリ\ミリオンマット
第4図 育苗箱の設置
第5図 2葉期後半の換気は横穴で行なう
第6図 硬化期(3葉以降)の苗
第7図 目標とする田植え時の苗