記事の概要

テキストを見る


もどる
記事IDT121002z#FUNC#
作品種別食品加工総覧
第10巻
巻名野菜,山菜,その他草本植物
記事タイトル[ネギ] ■ネギの民間療法を科学する
サブタイトル加工特性・加工用途>機能性と加工・利用
2015年
開始ページ478-1-2
執筆者上田浩史
執筆者所属農研機構野菜茶業研究所
地域1
地域2
現地域
地域コード
見出し    ●ネギの民間療法
    ●葉身部・葉鞘部の粘液成分の採取
    ●細胞実験
    ●マウスへの粘液成分経口投与
    ●葉鞘部・葉身部加熱調理品摂取の効果
    ●免疫力活性物質としてのマンノース結合型レクチン
    ●ネギの葉身部を食べれば免疫力が高まる
キャプション写真1 ネギの部位と粘液の採取方法
図1 ネギ粘液のマクロファージ活性化作用(in vitro)
図2 ネギ粘液の経口投与によるマクロファージ活性化作用
図3 ネギ粘液の経口投与によるNK細胞活性化作用
図4 ヒトがネギ葉身部を経口摂取したさいの唾液中分泌型IgA亢進作用
図5 ネギの既知成分(フルクタン,フルクトース,アリシン)の免疫活性化作用の検討
写真2 ネギレクチンの推定立体構造
図6 灌水制御によるネギ粘液の免疫活性化作用の増強効果
素材素材編
加工品執筆年 2015
ページ数(ポイント数)6