記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2001年5月号 266ページ〜271ページ(ページ数:6)

タイトル

オウトウ・若木の夏季せん定で、結果年数が3年早まる

新梢を6芽残して先を切る 垣根栽培を組み合わせれば4年で成園化

執筆者・取材対象: 富田晃



サンプル画像


見出し

●結果枝をつくる夏季せん定●5月下旬から6月上旬、新梢を6芽残して切る●中庸な生長をした新梢が対象