記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2021年7月号 215ページ〜219ページ(ページ数:5)

タイトル

牛の分娩兆候を見逃すな

電源がない放牧地でも「牛温恵」が使える

執筆者・取材対象: 平野清



サンプル画像


見出し

●放牧地でも分娩監視は必要●牛温恵を放牧地で使う方法◎太陽光で牛温恵を稼働◎牛は子機の7・5m内に◎メールを確認する