記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2017年2月号 158ページ〜159ページ(ページ数:2)

タイトル

鈍感品種で端境期を埋める

遊休ハウスでピクセル、おはよう4〜5月どり

執筆者・取材対象: 小林智之



サンプル画像


見出し

●夏秋トマト作付け前の空き期間を利用●3月末までべたがけで保温●農繁期に手をかけずにつくれる