記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』野菜編 第5巻 基+229〜基+249(ページ数:21)

ピーマン>基礎編>作型,栽培システムと地域での生かし方

西南暖地での作型と栽培方法,経営戦略

開始ページ: 基+229

執筆者: 野間史

執筆者所属: 宮崎県専門技術員

備 考: 執筆年 1999年

記事ID: y245040z



見出し

 1.主な作型と産地の特徴 ・・・〔1〕
  (1) 地域の自然条件と産地・作型
  (2) 主な作型・作付け体系と栽培・経営のねらい
   (1)ハウスピーマン産地
   (2)露地ピーマン産地 ・・・〔4〕
   (3)ピーマンの有機栽培
   (4)西南暖地における産地の経営戦略
 2.栽培体系と栽培技術 ・・・〔5〕
  (1) 促成栽培
   (1)台風対策
   (2)育苗での留意点
   (3)品種の選択
   (4)草勢の維持
   (5)温度管理
   (6)光線の確保 ・・・〔8〕
   (7)肥培管理
   (8)灌水と追肥
   (9)成り疲れ対策 ・・・〔9〕
  (2) ハウス抑制栽培
   (1)台風対策
   (2)育苗での留意点
   (3)病虫害,生理障害対策
   (4)暖房費
   (5)品種の選択
  (3) 半促成栽培
   (1)この作型のねらいと栽培のポイント
   (2)温度管理 ・・・〔12〕
   (3)梅雨期の病害対策
   (4)高温・乾燥期の管理
  (4) 露地栽培
   (1)露地普通栽培
   (2)トンネル栽培
   (3)雨よけ栽培
 3.販売方法と課題・展望 ・・・〔15〕
  (1) 共同販売・共同計算方式の取組み
  (2) ピ−マンの愛称募集
  (3) ピーマン主産県合同会議
  (4) リレー出荷・販売
  (5) 集出荷場の機械化 ・・・〔16〕
 4.新しい動きと課題
  (1) 防風ネットの全面被覆栽培
   (1)この栽培法のねらい
   (2)全面被覆栽培の手順
   (3)全面被覆栽培の課題
  (2) 不作畦栽培 ・・・〔17〕
   (1)この栽培法のねらい
   (2)不作畦栽培の手順
   (3)不作畦栽培の課題 ・・・〔18〕
  (3) PMMV抵抗性品種の利用
   (1)トバモウイルス抵抗性の基本的な考え方
   (2)PMMV抵抗性品種
    ベルマサリ
    みはた1号,2号,3号
    KTP−2
    トサヒメR
    さらら
    ピーマン試交1号 ・・・〔19〕
   (3)新系統のトバモウイルス−P1・2・3
   (4)L4遺伝子を用いたトバモウイルス抵抗性品種の育成
  (4) マルチ被覆栽培
  (5) 接ぎ木栽培と台木
    スケット・K
    スケット・S
    スケット・C
    ベルマサリ ・・・〔20〕
    ベルホマレ
  (6) 省力化,コスト低減対策
   (1)省エネルギー対策
   (2)セル成型苗の利用
   (3)温水灌水装置
   (4)自動開閉(換気)装置
   (5)養液栽培の導入

キャプション

第1図 宮崎県でのハウスピーマンの作型と品種・栽培面積(平成10年度)
   キーワード:ハウス抑制栽培\促成栽培\半促成栽培\ハウス早熟栽培
第1表 西南暖地でのピーマンの作型と品種の特性
第2図 宮崎県での露地ピーマンの作型と品種・栽培面積(平成10年度)
   キーワード:露地普通\雨よけ\露地抑制
第2表 宮崎県でのピーマン作型ごとの栽培面積の推移
   キーワード:露地普通\雨よけ\ハウス抑制\促成\半促成
第3表 促成ピーマンの栽培管理のポイント
   キーワード:技術内容
第3図 促成ピーマンでの主枝の誘引(吊り糸による生育調整)
第4図 ピーマン促成栽培での生育中期(春から夏)のふところ枝の生理状況
第4表 ピーマン促成栽培用の品種特性
第5表 ハウス抑制ピーマンの栽培管理のポイント
   キーワード:技術内容
第6表 雨よけピーマンの栽培管理のポイント
   キーワード:技術内容
第7表 ピーマン雨よけ栽培用の品種特性
第5図 防風ネットの全面被覆栽培
第6図 不作畦の土壌管理体系
第7図 ピーマンの黒フィルムマルチ栽培