記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1985年5月号 272ページ〜275ページ(ページ数:4)

タイトル

この季節 ここがポイント

夏果菜 あなたの苗はもっと力を出せる

長所を生かし欠点を克服する定植前後の手だて

執筆者・取材対象: 編集部佐藤健一

地 域: 福島県須賀川市



見出し

●苗の個性で収穫コースはこうちがう◎個性ある3つの苗で190日間安定収穫○半促成「前半多収ねらい=黄色株の強いガッチリ苗」○露地「長期安定どりねらい=若竹色のびのび苗」○抑制「短期どりだが後半多収ねらい=促成、露地の中間的な苗」◎主枝着果を多くするリンサン葉面散布●寒さで生育が遅れたらつるを放任して根を伸ばす●中段のなり疲れが予想されたら下段の摘果で樹勢を調節