記事の概要

テキストを見る


もどる
記事IDT120304z
作品種別食品加工総覧
第3巻
巻名加工共通技術
記事タイトル[食品加工に生かす健康情報] 亜鉛欠乏による味覚障害,食欲不振,舌痛,褥瘡などの皮膚症状(長野県旧北御牧村の疫学的調査も踏まえて)
サブタイトル食品成分と健康>ミネラルの働きとヒトの健康
2015年
開始ページ508-86
執筆者倉澤隆平
執筆者所属東御市立みまき温泉診療所
地域1
地域2
現地域
地域コード
見出し    ●多くの,多彩な亜鉛欠乏症が見過ごされている
    ●多彩な亜鉛の生体内機能
    ●亜鉛補充で劇的変化・治癒した症例との出遭い
     【症例1―褥瘡の悪化,食欲不振・拒食⇒経管栄養⇒胃ろう】
     【症例2―褥瘡悪化,拒食⇒亜鉛補充で劇的な治癒】
     【症例3―多剤服用⇒食欲不振,うつ様精神症状,下痢,舌痛・苦味など口腔内違和感】
     【症例4―狭心症や高尿酸血症などで多剤服用・強い掻痒・口腔内激痛・慢性湿疹様皮疹】
    ●亜鉛欠乏症疑い症例の登録を始める
    ●亜鉛不足による多彩な症状・疾患
     【皮膚症状以外で頻出する症状】
     ◎食欲不振・拒食・味覚障害(異常)
     ◎舌痛・口腔内違和感
     【多様な皮膚症状・皮膚疾患】
     ◎褥瘡(床ずれ)
     ◎掻痒・かゆみ
     ◎アトピー性皮膚炎
    ●亜鉛欠乏症の診断と論理的亜鉛補充療法
    ●皮膚科二症例の具体的経過
     【症例1―多剤服用傾向】
     【症例2―亜鉛補充療法による褥瘡治癒の典型例】
    ●亜鉛欠乏の疫学的調査(MIMAKIStudy2003)から―亜鉛欠乏は高齢者の50%以上
    ●なぜ,気がつかなかったのか
     【「基準=正常値」がもつ落とし穴】
     【血清亜鉛値の考え方】
     【血清亜鉛値とは】
     【なぜ,亜鉛不足が生ずるのか】
     【亜鉛のサプリメントの適応は未確立である】
     【経口からの亜鉛補充には毒性はない】
    ●亜鉛含有量の多い食物
キャプション表1 筆者の経験した亜鉛欠乏症状(除く;斜文字)
表2 筆者が経験した亜鉛不足と多彩な皮膚症状
写真1 皮疹の状態
写真2 褥瘡の経過(2012年)
図1 血清亜鉛値の分布図・日内変動(午前・午後)と回帰曲線
図2 血清亜鉛値の分布図・回帰曲線(午前のみ)と基準値(65〜110)
図3 亜鉛欠乏症確定症例の初診時血清亜鉛濃度分布(2002年9月〜2008年2月)
図4 亜鉛欠乏症群と非亜鉛欠乏群の血清亜鉛分布曲線
素材共通編
加工品執筆年 2015
ページ数(ポイント数)15