記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2012年7月号 364ページ〜369ページ(ページ数:6)

タイトル

地域の価値を複式簿記でとらえると(6)

「収益還元法」の応用でむらの価値の計算を試みる

執筆者・取材対象: 楠本雅弘



サンプル画像


見出し

●作戦変更―●農地や不動産の価値はどう決まるのか●収益還元法による不動産の資本評価●収益還元法の読み換えによる新たな可能性●「全町丸ごと農村公園」構想を実践中の広島県世羅町に続け●廃校になった旧小学校舎の価値は?