記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2017年3月号 192ページ〜195ページ(ページ数:4)

タイトル

渥美半島に花咲く 輪ギクの環境制御(5)

国外編 オランダでは、日本の約2倍切っている

執筆者・取材対象: 斉藤章



サンプル画像


見出し

●約80%が輸出用●多収の理由は、補光ランプではない●環境制御の基本は、トマトやイチゴと同じ●定植本数の最大化、栽植密度の最適化●大苗定植で栽培期間の短縮●オランダのキクはボリュームが小さい?●増収技術を磨くオランダの生産者