記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2016年4月号 192ページ〜195ページ(ページ数:4)

タイトル

オランダ農業の伝道師 環境制御Q&A(12)

春先の果実に結露、病気が出てしまう

執筆者・取材対象: 斉藤章



サンプル画像


見出し

●環境制御で病気は激減する●春先の早朝、果実が結露するわけ●結露した果実に生じる被害◎トマト果実の灰色カビ病◎ミニトマトの裂果◎キュウリの果焼け◎奇形果や花シミ、茎の灰カビ●露点がわかれば結露は防げる