記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』果樹編 第4巻 技+26の16〜技+26の18(ページ数:3)

カキ>基本技術編>生育過程と技術>開花結実期

人工受粉

開始ページ: 技+26の16

執筆者: 林公彦

執筆者所属: 福岡県農業総合試験場園芸研究所

備 考: 執筆年 1997年

記事ID: k12407zz



見出し

  (1) 人工受粉のねらい  ・・・〔1〕
  (2) 人工受粉が必要な品種
  (3) 花粉の採取
  (4) 花粉の貯蔵 ・・・〔2〕
  (5) 受粉の方法
   (1)花粉の希釈
   (2)受粉時期
   (3)受粉方法 ・・・〔3〕
  (6) 受粉の条件
   (1)正常な花器,発芽能力の高い花粉の確保
   (2)受粉適期
   (3)重複受粉の影響
   (4)花粉の発芽
   (5)花粉管の伸長

キャプション

第1図 開葯器
第2図 カキの花粉採取器
第3図 花粉の希釈倍数と結実率および含核数
第4図 伊豆の開花後日数と受精能力
第5図 カキの人工受粉に使用する器具(受粉器,羽毛,毛筆)
   キーワード:受粉器\羽毛\毛筆
第1表 自然状態で西村早生に受粉した西村早生と赤柿の花粉の花柱内での花粉管伸長