記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1994年7月号 11ページ〜13ページ(ページ数:3)

タイトル

1俵増収は、生育中期からの施肥、水管理が勝負

山形県 鈴木恒雄さんの生育診断

執筆者・取材対象: 赤松富仁(撮影)鈴木恒雄

地 域: 山形県南陽市



見出し

●出穂40日前 ここからがカンドコロ!●活力の高い地上部、地下部をつくる◎40日前のイネの姿で施肥診断 あきたこまち◎節水管理で畑根の活力を保つ