記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』野菜編 第2巻 北海道・仲山農産+1〜北海道・仲山農産+10(ページ数:10)

トマト>精農家のトマト栽培技術

ハウス桃太郎など・30年以上の連作ハウスで自根「桃太郎系品種」を栽培(ニシパの恋人) ○作型の組合わせによる長期安定出荷,1.7haで反収10t以上 ○豊富な馬糞堆肥を活用した土つくり ○土壌診断に基づく施肥管理,土壌還元消毒,灌水管理 北海道沙流郡平取町 (有)仲山農産

開始ページ: 北海道・仲山農産+1

執筆者: 高橋恒久

執筆者所属: 北海道日高農業改良普及センター日高西部支所

備 考: 執筆年 2006年

記事ID: y312012z



見出し

〈地域の概況と仲山さんの経営〉・・・〔1〕
 1.地域の概要
 2.「びらとりトマト」の歴史と産地化への取組み
   (1)町・JAの支援策と各機関の連携
   (2)平取町農業支援センターの役割・・・〔2〕
   (3)商標「ニシパの恋人」とジュース加工
   (4)厳しい「トマト・胡瓜部会」の取決め
    品種・作型・収穫段数の制限:完熟型品種‘桃太郎’の導入と定着
    「クリーン農業の推進」を部会の柱に
 3.経営の概要・・・〔3〕
〈自根‘桃太郎’栽培の特徴〉
 1.自根で‘桃太郎’を20年以上栽培
 2.作型の組合わせによる長期安定出荷
〈栽培の実際〉
 1.育苗
 2.土つくりと圃場の準備・・・〔5〕
 3.施肥・・・〔6〕
 4.定植
 5.定植後の管理
 6.誘引・整枝・・・〔7〕
 7.灌水・追肥管理
 8.交配・着果促進・・・〔8〕
 9.摘葉・摘果・摘心
 10.葉面散布
 11.病害虫防除
   (1)灰色かび病・葉かび病対策
   (2)褐色根腐病対策
〈出荷・販売と経営〉・・・〔9〕
 1.出荷と販売
 2.経営成果
〈今後の課題〉・・・〔10〕
 1.土壌病害対策と土つくり
 2.労働力の確保

キャプション

第1図 2003年に建設された2,000m2連棟ハウス
第2図 トマト・胡瓜部会のトマトの作型・品種基準
第1表 仲山さんのトマトの品種・作型別栽培面積
第3図 仲山さんの1週間ごとのトマトの出荷実績(2005年)
第4図 仲山さんの加温半促成〜夏秋どり作型トマトの栽培暦
第2表 育苗期間中の温度管理・水分管理の目標(℃)
第5図 均一な生育をする6月定植の苗
第6図 定植前にベッドの地温を上昇させる
第3表 2005年の土壌成分分析結果(平取町農業支援センター分析)
第8図 静岡県における高糖度トマト栽培の状況
第4表 仲山さんの代表的な施肥例
第5表 定植後の温度管理の目安
第6表 土壌還元消毒法のやり方
第7図 還元消毒後で生育と果実の肥大が良好なハウス
第8図 仲山さんの2000〜2005年のトマト生産実績
第7表 トマトの10a当たり生産販売収支