記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』土壌施肥編 第5-1巻 畑+216の1の56〜畑+216の1の63(ページ数:8)

畑の土壌管理>土壌管理の実際>直接的土壌病虫害対策

地温測定と気象情報を組み入れた太陽熱土壌消毒法「陽熱プラス」

開始ページ: 畑+216の1の56

執筆者: 橋本知義

執筆者所属: 農研機構中央農業研究センター

備 考: 執筆年 2017年

記事ID: d285105z



見出し

  (1) 太陽熱土壌消毒への評価 ・・・〔1〕
  (2) 「陽熱プラス」の作業体系 ・・・〔2〕
  (3) 地温の計測 ・・・〔3〕
  (4) 消毒効果の推定 ・・・〔4〕
  (5) 土壌生物相への影響評価
  (6) うね立て後消毒に適した資材の利用 ・・・〔5〕
  (7) 普及資料 ・・・〔6〕

キャプション

第1図 太陽熱土壌消毒の実施事例
第1表 病原菌の死滅に必要な温度と期間
第2図 積算時間と消毒効果(模式図)
第2表 臭化メチル剤代替技術の比較
第3図 太陽熱土壌消毒が土壌環境に与えるプラスとマイナスの影響
第4図 「陽熱プラス」の作業体系
第5図 温度記録計の組合わせ事例
第6図 太陽熱土壌消毒中の地温(深さ15cm)の推移事例
第7図 40℃以上積算時間(一次元情報)と40℃以上有効積算温度(二次元情報)の比較(模式図)
第3表 各調査地点の実測値とアメダス推定値を利用した日最高地温積算値の比較
第8図 トマト立枯病菌の死滅条件についての地温と積算時間の関係
第9図 土壌微生物相への影響評価
第10図 陽熱プラスで利用する資材
第11図 技術普及手段としての成果普及資料