記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』土壌施肥編 第5-1巻 畑+200の16〜畑+200の21(ページ数:6)

畑の土壌管理>土壌管理の実際>脱臭化メチル栽培

土壌くん蒸用臭化メチル剤の終焉

開始ページ: 畑+200の16

執筆者: 津田新哉

執筆者所属: (独)農研機構中央農業総合研究センター

備 考: 執筆年 2013年

記事ID: d245107z



見出し

  (1) はじめに ・・・〔1〕
  (2) 臭化メチル削減をめぐる審議の経緯
   (1)2008年
    最大削減幅の強要と完全撤廃勧告
    日本側の主張とそれに対する反論 ・・・〔2〕
    削減幅をめぐる議論の展開
    日本側のイニシアチブによる全廃計画への評価 ・・・〔3〕
   (2)2009年
    EUからの働きかけと日本側の対応
    代替技術開発の紹介と情報共有 ・・・〔4〕
   (3)2010年−これまでの活動への評価
  (3) 脱臭化メチル栽培の幕開け ・・・〔5〕

キャプション

第1表 全廃期限(2005年)以降の先進国におけるおける不可欠用途用臭化メチルの決議量(単位:t)
第1図 第21回モントリオール議定書締約国会合(エジプト・アラブ共和国,ポートガリブにて)
第2図 日本の全廃期限(2005年)以降における不可欠用途用臭化メチルの申請量と決議量の変遷