記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年1月号 246ページ〜249ページ(ページ数:4)

タイトル

植物はあれもこれも薬草です(1)

ビワ

大寒の頃に葉を採取、むくみ、痛みを和らげる

執筆者・取材対象: 松原徹郎

地 域: 岡山県美作市



サンプル画像


見出し

●棚田のむらは薬草の宝庫だった●薬草利用を生業にする●薬の王と呼ばれる樹、ビワ◎大寒の頃、葉を収穫する◎2回の煮出しで作るビワの葉茶◎打ち身によく効く焼酎漬け◎神経痛、筋肉痛には入浴剤で◎市販の湿布よりビワの葉湿布