記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2015年12月号 156ページ〜161ページ(ページ数:6)

タイトル

効果いろいろ!炭酸ガスの日中ちょっと焚き 有機物活用編

有機物炭酸ガスが底支え、湿度管理が決め手

キュウリ、驚異の四〇tどり!

執筆者・取材対象: 山口仁司

地 域: 佐賀県武雄市



サンプル画像


見出し

●キュウリ栽培歴四〇年●日中ちょっと焚きで四〇tどり●有機物効果で、装置の出番はお昼から●ムギワラを三〜四t、米ヌカ二t●午前中の「蒸し込み」は有機物炭酸ガス活用の技術だった●炭酸ガス吸収は飽差次第●一〇a当たり五〇tを目指す!●秋口は早朝に換気を閉めて有機物炭酸ガスを有効利用