記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』花卉編 第3巻 本体+251〜本体+256(ページ数:6)

環境要素とその制御>環境要素とその活用,制御>光環境とその制御>遮光処理と生育

遮光方法と遮光資材

開始ページ: 本体+251

執筆者: 須藤憲一

執筆者所属: 農林水産省野菜・茶業試験場

備 考: 執筆年 1995年

記事ID: h0300620



見出し

  (1) 遮光幕を使った遮光法 ・・・〔1〕
   (1)遮光幕を使ったときの日射量の変化
   (2)2枚の遮光幕を使った日射量のコンピュータ制御
   (3)幕の遮光率の設定
   (4)遮光幕の設置位置 ・・・〔2〕
  (2) 遮光幕の性質
  (3) その他の遮光法 ・・・〔3〕
   (1)ラス下における生育反応
   (2)ペイントのガラス面塗布
  (4) 断熱被覆資材 ・・・〔5〕

キャプション

第1図 遮光法と遮光下の日射量
第2図 夏期の日射量の強度別出現頻度
第1表 遮光幕の組合わせと日射量(目標値400±100μmol/m2/s)
   キーワード:遮光率\目標日射量\最大日射量\1枚固定\1枚制御\2枚制御
第2表 目標とする日射量+20%を超えない遮光制御における好適な幕の遮光率
   キーワード:目標日射量\遮光率\最高日射量\可動幕\固定幕
第3表 市販遮光資材の遮光率
   キーワード:製造会社\商品名\品番\遮光率
第4表 断熱被覆資材の光透過特性とファレノプシスの葉温
   キーワード:光透過率\葉面日射量\屋外\ピアレス\寒冷紗\ガラス
第3図 ラス下における日射量とディフェンバキアの葉温の経時変化