記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2018年10月号 124ページ〜129ページ(ページ数:6)

タイトル

あの手この手で宝に変える 雑草をバンバン使う土づくり

ケイ酸豊富な「草堆肥」が大人気

地域の廃棄物こそ宝物

執筆者・取材対象: 編集部古田耕司谷上輝幸井川文彦

地 域: 和歌山県有田町大阪府貝塚市



サンプル画像


見出し

●病気が怖くないキウイ、夏場に差が出るカンキツ◎キウイやカンキツの株元に草堆肥◎病気知らずのキウイはケイ酸の効果か◎菌の固まりがビッシリ●コマツナの白さび病撃退、太陽熱処理もよく効く◎コマツナがバリッと育つ●菌添加と徹底した切り返しで草が良質堆肥に生まれ変わる◎徹底した切り返しでスピード製造◎秋の草堆肥はとくにケイ酸豊富●「草堆肥」の作り方