記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1985年6月号 207ページ〜211ページ(ページ数:5)

タイトル

自家用野菜畑 このやり方で農薬は減らせる あなたのこの間違いが病虫害を呼んでいる

執筆者・取材対象: 井原豊

地 域: 兵庫県太子町



見出し

●まきどきがまちがっている◎秋野菜は涼しくなるまで待つ◎春まき野菜は涼しい間に生育させる●肥料のやり方がまちがっている◎下肥の肥料成分を考えよう◎虫を呼ぶ有機肥料は割り肥に◎根のあるところに肥料をやってはいけない●自家用畑を限りなく無農薬に 土中粒剤は残留毒性あり