記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』果樹編 第3巻 技+41の3〜技+41の7(ページ数:5)

ナシ>基本技術編>生育過程と技術>II 開花結実期

果実の大きさと着果量

開始ページ: 技+41の3

執筆者: 水戸部満

執筆者所属: 埼玉県園芸試験場

備 考: 執筆年 1997年

記事ID: k12303zz



見出し

  (1) 大玉果生産での着果量,着果管理の重要性  ・・・〔1〕
   (1)大玉生産と栽培技術
   (2)大玉指向と幸水の栽培
   (3)早生,晩生種でも同じ傾向
  (2) 適正着果量を確保する方法 ・・・〔2〕
   (1)目標収量を確保する着果量
   (2)早生品種の適正着果量
   (3)幸水の適正着果量
   (4)中〜晩生種の適正着果量 ・・・〔3〕
  (3) 大果を生産するために
   (1)花芽,花蕾の整理と大玉生産
   (2)花芽の整理 ・・・〔4〕
   (3)摘蕾,摘花
   (4)受粉を工夫する

キャプション

第1図 大玉果の着果状況(幸水)
第2図 大玉果を生産するための長果枝の着果事例(幸水)
第3図 長果枝の花の整理(幸水)
第4図 満開1か月後の着果状況(幸水)