記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2006年5月号 202ページ〜207ページ(ページ数:6)

タイトル

ナシの摘心栽培の取り入れ方

呉羽発 幸水の樹の「力」を取り戻すために

執筆者・取材対象: 竹田隆浩



サンプル画像


見出し

●視察した一同が驚いた!摘心樹の大玉揃いぶり●3t以上とれる●なぜ呉羽が摘心を取り入れたか●「一発で決めたい」からやや遅めに摘心●やや高めの位置の摘心なら一発ですむ●はずせないカンドコロ