記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1998年11月号 252ページ〜259ページ(ページ数:8)

タイトル

ナシの幸水に「力」を注ぐ 摘芯の妙味

短果枝確保で花芽安定、増収だ!

執筆者・取材対象: 吉岡正明



見出し

●幸水でも短果枝は維持できる!◎えき花芽が入らない困難◎短果枝が維持できないって、…本当?◎「見本」はあった◎夏季せん定とは全然違う!●いたって簡単、単純な摘芯処理◎はずせない勘所、注意点●幸水樹のイメージ一新◎骨格が整然として平らな結果部に◎短果枝が増え、えき花芽もよく入るようになる◎冬のせん定も楽