記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1999年12月号 183ページ〜192ページ(ページ数:10)

タイトル

1999年 猛暑の夏に米ヌカはどう効いたか

反当290キロの米ヌカ除草を試して見えてきた分けつ、除草、登熟への効果

執筆者・取材対象: 編集部千葉美恵子

地 域: 岩手県一関市



見出し

●9月中旬の雨で登熟が止まった●葉色の割に茎数が増えない●米ヌカ散布で下位分けつが消える●期待したのは登熟だったが…●草はいつの間にか枯れてしまった●イネが若返ったために、もうひと実りができなかった?