記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2015年2月号 213ページ〜217ページ(ページ数:5)

タイトル

冷春、激夏、台風、ゲリラ豪雨… 異常気象に負けない品種

2014年気象変動に強かった品種 弱かった品種

執筆者・取材対象: 高橋朋一東山広幸中野春男/編集部吹原繁男

地 域: 北海道剣淵町福島県いわき市長野県塩尻市長崎県雲仙市



サンプル画像


見出し

●大雨で畑が冠水 グラウンドペチカ、別名デストロイヤーは強かった◎カボチャなのに弱かったスイートダンプリング●台風でインゲンが壊滅、モロッコは生き残った◎カボチャ錦芳香は、天気予報に翻弄されなかった◎不作だったタマネギ、ソニックだけは被害なし◎サトイモ改良石川早生にはかん水が欠かせない●大雨に強かったのはシナノホープ◎シナノパワーをつくり続ける●夏植えブロッコリー、サマードームなら死に花が少ない◎黒腐病、大風に弱い